ねこ部 ~5匹とのくらし~

子猫保護しました。先住猫と子猫、計5匹毎日バトル。多頭飼いの難しさと、楽しさを綴ります。白キジ、茶トラ、ハチワレ、黒猫2匹。

子ネコ保護1日目(2018.6/8)はじめまして子ねこちゃん

モン父です。

 

 

このブログのはじまりは、

 

 

夫婦2人+猫1匹で平穏に暮らしていた2018年の6月。

 

 

突如、4匹の猫を保護し家族になるまでのお話を

 

 

モン母がまとめたものでした。

 

 

しかし、

 

 

いつのまにか、モン父の悪ふざけブログに・・・

 

 

ホント、スイマセン。

 

 

そこで、反省したモン父は考えました。

 

 

モン母の保護日記を

 

 

新しい写真と

 

 

モン父の視点をを加えながら

 

 

パワーアップさせようと!

 

 

えっ、ネタ切れ?

 

 

そ、そんなことねーし。

 

 

と、とりあえずスタート!

 

 

「子ねこを保護した!」

 

 

との義姉から連絡を受け、子ねこ見学に義理姉宅へ。

 

 

出かける前のモンちゃんの視線が…

 

子ねこいりません!!  

 

 

(モン母モン父)・・・・。だっ、だっ大丈夫だよモンちゃん(汗)

 

小さすぎる子ねこたち

 

見たことないくらい小さいサイズの子ねこたち。

 

まだ目も空いておらず、ほぼネズミです。

 

 

母ねこが育児放棄したらしく、

 

カラスにつつかれそうになっていたところを保護されました。

 

 

手のひらにのるサイズ。

 

は~~~小さいモフモフかわええ。

 

 

ひとまずモンちゃん家へ

 

義理姉宅には、おばあちゃん猫とチンピラ猫が住んでいます。

 

その猫たちが、子ねこたちに対してシャーシャー威嚇。

 

特にチンピラ猫がストレスで何度も吐いている…。

 

「ロシアの青鬼」ロロ・マーク

 

 

見かねてモン父

 

 

「子ねこがもう少し大きくなるまで、うちで預かる」

 

 

と申し出る。

 

 

それもそのはず、

 

 

モン父はここ一か月くらいインスタを見るたびに

 

 

「ミルクボランティアやりたい!」

 

 

と言っていたのです。

 

 

 

モンちゃんが、冬の間は近くにいたのに、

 

 

気温の上昇とともに、つれない態度になったため

 

 

寂しくなったのでしょう。

 

 

モンちゃんのことが気がかりでしたが、

 

 

モン父にとって念願がかなった結果になりました。

 

 

モンちゃんビビる

 

いざ、子ねこを家に連れ帰ると、

 

 

すぐさまモンちゃんは異変を感じ取った様子。

 

 

普段は何か買い物して帰ると、

 

 

必ず中身をチェックするモンちゃん。

 

 

子ねこを入れたキャリーを部屋に置くも、

 

 

一瞬近づいて、すぐさま自分のテリトリーへ。

 

 

嫌な予感がする…

 

 

モン母モン父

 

「ごめんモンちゃん、子ねこつれてきちゃった。てへ

 

 

「モンちゃんがどうしてもダメならかえすから…少し大きくなるまでお願い!!」

 

 

と、モンちゃんにお願いし、子ねこのお世話が始まるのでした。

 

 

 

・モン父コメント

 

当時、子猫とふれあえる

 

ミルクボランティア憧れていました。

 

しかし、そんな甘い考えに浸れたのは

 

ほんの数日だけでした・・・・